空き地にかかる税金を節税をしたいならアパートを建設するという土地活用の方法もあります

土地活用の手段にはいろいろあります。マンションやアパートを建設することもあれば、倉庫にしたり、駐車場にしたりすることもあります。もしも、空き地を所有していて、高い税金に悩まされているようであれば、マンションやアパート等の賃貸住宅を建設してしまうことをお勧めします。なぜならば、固定資産税などを大幅に減額することができるからです。例えば、1戸あたり200平米未満となるように賃貸住宅を建設すれば、空き地は小規模住宅用地と判断されます。この場合、固定資産税は空き地の時に比べて6分の1に、都市計画税は3分の1に軽減されるのです。仮に200平米を超えていた場合、その超えていた部分は住宅用地として固定資産税が3分の1、都市計画税は3分の2に軽減されます。コストが軽減できる上に、不動産収入を見込むことができます。

もちろん、固定資産税などの負担を減らすためだけにマンションやアパートを建設しようとすると、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。事前の投資効果をしっかりと確認しておくべきです。次ブンが保有している空き地の周辺はどれくらいの家賃で、どれくらいのニーズがあるのか、といったことは、近所の不動産会社に確認すると良いです。なお、土地の有効活用をするためにマンションやアパートを建設するには多額の資金が必要になります。不動産会社や建設会社から土地活用の提案を受けながら、銀行にも予め話をしておくとすべてがスムーズに進みます。この建設費用に躊躇いを感じるようであれば、保有している土地を売却してしまうのも有効な土地活用方法です。土地を保有していなければ、固定資産税などがかかることもありません。売却した資金で都市部の不動産を購入しても良いですし、上場不動産投資信託を保有してみるのも良いでしょう。土地を売ったからといって、必ず不動産を保有しなければならないということはありません。株式を持ってみたり、外貨を保有してみたりしてい資産運用をしてみるのも選択肢の1つです。但し、相続対策を考えているのであれば、不動産を保有している方がメリットが有る場合が多いので、土地活用を考える際に、相続税対策も一緒に検討しておくと良いでしょう。

なお、マンションやアパートなどを建設すると決めた場合には、周辺の方に迷惑をかけることもあるので、ご近所の人にも予め話をしておくと良いです。予想されるリスクは早めに摘んでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*