コインランドリーで土地活用する

遊休地を持っている人にとってその土地をどのように活用するのかという土地活用は大きな問題となっていることがあります。遊休地としてそのままにしておけば固定資産税を取られるばかりであまりいい思いはしませんが何とかして土地活用する方法があれば、支出を生み出すばかりの土地から収入を生み出す土地へと様変わりしてくれます。しかし土地活用する場合にはその土地の周辺環境などの立地や予算などの問題があり何にでも変えることができるわけではありませんので慎重に検討する必要があります。さまざまな土地活用の手段があり、アパートやマンション、駐車場の経営といったものが一番に思い浮かべられますが、近年ではコインランドリーとして活用する方法もあります。コインランドリー事業は現在どのようになっているのでしょうか。コインランドリーは近年単身者をターゲットにしたものばかりではなくファミリーの方も対象として住宅街やロードサイド、駅前などに立地することが多くなっています。

雨が多くなる時期には乾燥機が大活躍し、布団を丸洗いすることができる大型の洗濯機を供えているところもあり、幅広い層の人に使用されています。当然ですが利用者をきちんと獲得していくことができれば売り上げを毎月きちんとあげていくことができます。更地の土地活用としてコインランドリーをはじめる場合にはまず建物の建設を行い、必要な機器を設置する必要があります。機器の設置方法としては買取とリースの2種類から選択することができます。買取りの場合には建物の建築費に機器購入の費用が必要になるので初期投資が大きくなりますが、減価償却することができるので一定の節税効果を期待することはできます。機器の購入にかかる費用は機器のランクや状態にもよりますが、1台30万円から100万円が相場となっています。利用者をきちんと獲得することができれば比較的短い期間で初期投資費用を回収することが可能です。一方の機器をリースする場合には毎月リース費用をリース会社に支払っていく必要があります。初期投資費用を抑えることができるので建物の建築費を用意することができればすぐにはじめることができます。リース費用は洗濯機や乾燥機のランクや大きさ、機能などによって異なります。

機器を購入する場合もリースする場合も初期投資費用に加えて毎月の維持管理費や光熱費を支払って経営していくことになります。どのぐらいの利用者を見込め、1日の売り上げをきちんと予測することができればきちんと収益を上げていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*