コインパーキングとして土地活用をする

土地はただ所有しているだけではなんら収益を生み出すことがなく、かえって税金対策をしなければなりません。かといって大がかりな土地活用をすることにはかなりの不安を感じて積極的に離れないものです。できるだけ現状に近い形に近い形での活用方法としてコインパーキングがあります。郊外の住宅地では自動車の駐車には月極駐車場のほうがよりニーズがある場合もあります。また月極のほうがより確実に収益をあげられるというケースももちろんあることでしょう。その一方で駅前や幹線道路沿いのような好立地の場合、さほど広い敷地でなくとも自動車を数台程度駐車できるようならコインパーキングに参入するメリットは十分にあります。なによりも時間貸しの仕組みをとっているので、利用者にとっても大きな金額の負担を感じることがありません。

その一方で遊休地が収入源になるという点で非常に大きなビジネスチャンスが潜んでいるといえます。コインパーキングは大規模にもできますが、例えば家の建て替えの間の一定の期間だけを時間貸しで駐車場にして収益を生み出すといったモデルとしても活用することもできます。そもそもが家のあった場所だけにさほどの敷地面積がないにもかかわらず、それでも参入ができるのは大きなメリットだといえるでしょう。もちろん収益についてはすべて一か月単位で計算をして振り込まれるようになります。仮にトラブルが発生しても業者が対応するべき仕事の範囲ですから、オーナーは土地活用の手段として、場所を提供さえすればよいだけになります。また大がかりな建物を建てるのと異なり基本的に更地のままなので、住宅の建設の予定ができたなど、次の計画ができれば、容易に撤収できるといことも大きなメリットだといえます。土地活用には、いったん乗り出すとなかなか後戻りのできないものが多いものです。そのなかでコインパーキングはかなり手軽な土地活用の手法だといえるものです。どうしても実際に入庫があるのかということがかなり不安になるものですが、ナビ上に表示されるようになりますから、近辺で駐車場を探している方が自然と集まってくるようになってきます。

もちろんビジネスである以上は事前に一定の収益が上がるかどうかの調査もなされるので、その判断がクリアされるということは、ほぼ事業として成り立つということと考えてもよいのでしょう。土地活用をうまく行えば、副収入を手にすることができるので、参入するべきか検討したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*